MENU

天野漆器

富山県

商品のこと

硝子+漆+螺鈿+デザイン。スタイリッシュな螺鈿グラス

高岡漆器の伝統技術を生かしながら、現代の生活シーンをスタイリッシュに彩ることを目指して、天野漆器が「DEN(デン)」ブランドを立ち上げました。
プロダクトデザイナー梅野聡氏とのコラボで生まれたglassシリーズは、グラスの半分を赤や黒の漆で覆ったシンプルなデザインが目を引きます。
そして小さな水滴のような螺鈿が一か所、漆部分に潜んでいます。見落としてしまいそうな小さな螺鈿に気づいたとき、シンプルなグラスが宝石のように輝いて見えます。
先に発売した、ガラスに螺鈿をあしらった螺鈿ガラスは、万華鏡のように螺鈿を浮かび上がらせる華やかなグラスとして人気です。
これら異なった二つの魅力を創り上げた天野漆器の挑戦を、お楽しみください。

ものづくりのこと

虹色に輝く薄さ0.1mmの貝殻。天平から続く螺鈿の技術

透明感と硬質の美しさを持つガラスと、温かなぬくもりを感じさせる漆。この正反対の特徴を持つ異素材の組合せに挑戦したのが、天野漆器の螺鈿ガラスです。
螺鈿は、アワビ貝などの真珠層部分を使い、漆器などに装飾するもので、天平時代の宝物・正倉院御物にも残されている歴史のある伝統工芸技術です。
虹色に輝く薄さ0.1mmの貝殻の花を、グラスの底に忍ばせました。酒を注ぐと、螺鈿の模様が切子のガラス面に反射して、万華鏡のように浮かび上がります。
この螺鈿技術は高岡漆器の代表的な技法の一つで、昭和50年(1975年)に国の『伝統的工芸品』の指定をうけています。