MENU

ハートブレーン

福井県

商品のこと

福井県今立地区は、1500年続く最古の和紙産地です

越前和紙の起源は、今から約1500年前、この地に今も語り継がれているエピソードがあります。

それは26代仰継体天皇がまだ大皇子といわれ越前地方におられた頃のお話し。

今立地区の岡太川上流に美しい女神が現れ、村人たちに紙漉き方を伝授したといいます。以後、紙漉きは越前の地に根ざした産業として大きな発展をを遂げていくこととなリ、1500年たった今でも紙漉きをはじめる前には神に感謝を捧げているといいます。

現在も伝統が受け継がれている越前和紙の里は日本で最も古い和紙の産地です。この地に受け継がれている素晴らしい伝統文化の魅力を「和紙ック」とともに発信します。

ものづくりのこと

今までにない 世界でたった一つの和紙フレーム

1500年の歴史をもつ越前和紙と現代技術のLEDが融合し、今までにないフレームが生まれました。

和紙は和紙ック専用に考案し、伝統工芸士が11枚手漉きしています。背面からLEDで照らすと、コンテンツと手漉き和紙が全く違った表情を魅せてくれます。

1つで2通リの楽しみ方を持っており、昼は自然光で和紙の風合いを楽しみ、夜はLEDで透ける和紙の美しさを楽しみながら間接照明として存在感のあるインテリアになります。

シンプルな和紙ックは、いろんなシーン・場所に合わせてコンテンツを替える事で活用の幅が無限大に広がります。