MENU

能作

富山県

商品のこと

伝統の技を活かす スタイリッシュデザイン

平面から立体に変形するテーブルウェア“KAGOシリーズ”は、錫(すず)の柔軟な素材特性を十分に生かすため、曲げて使うことを前提にデザインされた商品です。錫は金、銀に次ぐ高価な金属として知られ、金属でありながら手で形を変えられるほど柔らかく、また錆びに非常に強いうえに飲み物の味をまろやかにする効果も持つといわれています。“KAGOシリーズ”と同じ錫100%で出来たビアカップやタンブラー、酒器などはお酒を嗜むお客様を中心に人気で、内側に金箔を施した商品と合わせ贈答用にもご利用頂いています。

真鍮製品では、スタイリッシュなデザインと涼やかな音色を楽しむことができる各種“風鈴”や、茶事に利用される“そろり”があります。また、5円玉専用の縁起のいい貯金豚“きんとん”など、400年の歴史を持つ高岡鋳物の伝統の技を継承しながら、現代生活を豊かにするインテリア雑貨やテーブルウェアなど、革新的な商品開発に取り組んでいます。

ものづくりのこと

400年伝わる職人技と 現代のデザイナーの感性の出会い

大正5年(1916年)創業の株式会社能作は、高岡に400年間受け継がれてきた鋳造技術で、花器や仏具・茶道具の製造を手掛けてきました。

高岡銅器では原型造りに始まり、鋳型製造、鋳造、仕上げ、着色とすべての工程が分業化され、各工程で熟練の職人が技を競っています。

現代のライフスタイルの変化に合せ、インテリア雑貨からテーブルウェアにいたるまで、国内外のデザイナーとのコラボレーションなどを行いながら幅広い商品を開発・提供しています。