MENU

織田幸銅器

富山県

商品のこと

銅本来の無垢な輝きを 放ち続けるホームジュエリー

毎日の生活の中で、ジュエリーのように輝くものをつくりたい。
私たちは、そう考えています。

馴染む事を目指すのではなく、時には主張する、小さな存在であり続けたい。それは「着飾る」ためでなく、より自分らしく「彩る」ため。

ホームジュエリー。
私たちが目指すデザインは、いつまでも変わらず、ささやかに輝き続けるもの。金属本来の美しさや、オレンジの無垢な輝きを、どうぞ生活の中に、取り入れてみてください。

ものづくりのこと

伝統技術を活かし、 現代に銅の素晴らしさを伝える

株式会社織田幸銅器は、日本一の鋳物生産地である富山県高岡市で、長年に渡り銅鋳物製品の製造・販売に携わってきた会社です。高岡のものづくりは、1611年(慶長16年)に、加賀藩主である前田利長が町の繁栄を図るために、7人の鋳物師を高岡市金屋町に呼び寄せたことからはじまりました。
初めは、銅、釜鉄瓶等の日用品や、鉄などの農作具を主に鉄鋳物で生産していましたが、江戸中期には、釣鐘や灯ろうなどの銅鋳物がつくられるようになり、江戸末期には、仏具や花瓶など、装飾性の高い美術工芸品を生産し始めました。

こう振り返ると、高岡のものづくりの歴史は、時代に合わせて、必要なものを作り続ける挑戦を継続していくことで長きに渡り育まれてきたのかもしれません。

そんな高岡の歴史に倣い、私たちは新たな試みとして、伝統的な技法を活かしながら、よりお客様に近い立場で銅の素晴らしさをお伝えするべく、オリジナルブランド「RED&WHITE(レッドアンドホワイト)」を立ち上げました。ブランド名である「RED&WHITE」は、日本語では「紅白」という漢字に置き換えることができます。様々なお祝い事の贈りものに最適な商品を、これから順次発売してまいります。