MENU

サンユー

福井県

商品のこと

伝統工芸士が描く 蒔絵時計

文字盤の精緻な蒔絵が目を惹く“越前塗蒔絵時計”は、越前塗の伝統工芸士・塚田一峰氏が、文字盤ひとつひとつに描いた、逸品です。男性用で直径約42mm、女性用で直径約30mmの大きさの文字盤に、サクラやうさぎ、登り龍などが越前塗の様々な技法で、ダイナミックに描き出されています。男女用共に、黒漆ベースの文字盤には黒の本革ベルトが、朱漆ベースの文字盤には、ダークブラウンの本革ベルトがセットされています。ムーブメントはシチズン製(保証付き)なので、安心してお求めいただけます。

ものづくりのこと

越前漆器1500年の技を 現代のライフスタイルに活かす

創業以来、越前漆器の長い歴史で培った技術を生かし、現代のライフスタイルに合った提案をしてきた株式会社サンユーの商品は、異素材とのコラボレーションでその真価を発揮しています。

伝統工芸士の手による本格越前塗と時計、天然竹、アセテートなどとのタッグで、漆器という概念から大きく飛躍した商品を生みだしました。

この取り組みを可能にしたのは、根底に1500年続く越前塗の技術の裏付けがあるからです。

漆の重厚感を出すために3度重ねられる“塗り”、漆の下絵に金粉を蒔く“蒔絵”、貝の真珠層を置く“螺鈿”、金箔で絵を描く“箔絵”など、装飾だけでも様々な技法が使われています。

伝統工芸士という国家資格を持った職人の技と、現代のライフスタイルへの提案で越前漆器の新たなステージを目指します。